LINODEを使用したオリジナルSOLANAトークンの作り方

LINODEを使用したオリジナルSOLANAトークンの作り方

LINODEを使用したオリジナルSOLANAトークンの作り方

LINODEを使用した準備

Linodeはひそかに?大々的に?使用されているサーバサービスです。他のクラウドより安い!色々使える。素人にはとっつきにくいがいろいろ継続するならこれが素晴らしいと思う。

Linodeの100USD付きアカウント作成はこちらから!(リファラルコード付(アフィリエイト))日本語も

LINODEアカウントにログインした後

Linodesタブから作成

左メニューのLinodesからLinode一覧に行き、右上の「Create Linode」をクリック

各種自分に合った内容を選択して作成

オリジナルSOLANAトークンの作り方

作成したLinodeへssh等でターミナル接続

ssh情報は上記の動画でかくしてあるところに表示されています、その他ターミナル接続ソフトでも可能です。

Solanaのインストール

下記コマンドでインストール

sh -c "$(curl -sSfL https://release.solana.com/v1.8.5/install)"

Keyの作成

solana-keygen new

RustUPのインストール

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh

選択を聞かれた場合はデフォルトの1を選択

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh

ライブラリのインストール

sudo apt install libudev-dev
sudo apt install libssl-dev pkg-config
sudo apt install build-essential -y
ライブラリインストール中
ライブラリインストール中

Sokana token Cliのインストール

cargo install spl-token-cli

オリジナルSOLANAトークンの作成

spl-token create-token 

アドレスが出力される

spl-token create-account {tokenaddress}

{tokenaddress}にはcreate-tokenで出力されたアドレスを入れる。出力結果はアカウントアドレス。

spl-token mint  [tokenaddress} 123456789 {accountaddress}

123456789にmintしたい(作成したい)トークンの値を入れる。

完成!!

安いフィー

0.0005solかな、しかとられていない。

トークンのトランスファー

solana-toekn transfer --fund-recipient --allow-unfunded-receipient senderAddress 1234 recieverAmount

SOLANAトークン情報をSOLSCANに載せる

Githubのsolana-labs/token-listをfork

solana-labs/token-listをfork

2つの編集

・token-list/assets/mainnet/にトークンアドレスフォルダを作成しロゴをアップロード(サイズは200k以下)

・token-list/src/tokens/のsolana.tokenlist.jsonに自分のトークン情報を入れる。

Pull Requestをしてマージ

PullRequestをしてマージします。

以上でSOLSCANにトークン情報がアイコン等他追加した情報とともに表示されます

Liquidity

確認中!

ソース

NewrowkChuckのYoutube

BSCで使えるオリジナルBEP20トークンの作り方 SAFEMOONフォークでノーコードノープログラムでデプロイremix

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。