SolanaNFTをキャンディマシン(candy machine v2)でデプロイ

SolanaNFTをキャンディマシン(candy machine v2)でデプロイ SolanaNFTをキャンディマシン(candy machine v2)でデプロイ SolanaのNFTの展開の仕方を探すと現状はCandy Machineでのデプロイばかりでv1,v2があって既にv1は終わっているというのに気づきます。であまり出てきていないv2での仕方を書きます。いろいろバグはまだまだ多いようですが。 準備、必須ツール git githubからソースをクローンしてくれるコマンドです。 gitサイトをこちら node Javaスクリプトランタイム。 ダウンロードはこちら yarn パッケージマネージャー。 インストールの仕方はこちら ts-node 環境補助 こちら 実施 Youtube バージョン確認 Git、node,インストールの確認,v10.4.0等表示されればインストールされている。 … Read more

NVIDIA JetsonNanoを使ってUbuntuマシンを作成

NVIDIA JetsonNanoを使ってUbuntuマシンを作成 NVIDIA JetsonNanoを使ってUbuntuマシンを作成 Jetsonnanoを使ってUbuntuマシンを作ります。 SDカードでOSを作成 OSイメージをダウンロード こちらからダウンロード(自動で始まります。) NVIDIAのページはこちらで上の方にダウンロードリンクがあります。 SDカードフォーマッタ―でフォーマット SDカードフォーマッタ―でSDカードをフォーマとします。 エッチャーでイメージをSDカードへ エッチャーでイメージをSDカードにつけます。 解凍後のディスクイメージを選択 FLASH! Flash中 フォーマットをキャンセル 終了後、イメージはWindowsには読めないのでフォーマット要求してきますがキャンセル、さもないとやり直し。 NVIDIA Jetson NanoにUSBを差し込んでセットアップ ライセンスのAgree 言語選択 キーボード確認選択 入力することによって確認できる。 … Read more

ERC721でオリジナルNFTをOpenSeaにPolygonネットワークでデプロイ-simplecollectibleを利用

ERC721でオリジナルNFTをOpenSeaにPolygonネットワークでデプロイ-simplecollectibleを利用 ERC721でオリジナルNFTをOpenSeaにPolygonネットワークでデプロイ 以前、Patrick CollinsのNFT-mixを参考にNFTをtestOpenSeaへデプロイデプロイしてみる。でNFTをデプロイを行いERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ-simplecollectibleを利用でオリジナルNFTをテストネットOpenSeaへ行いました。今回はPolygonネットワークへデプロイします。 今回もsimplecollectibleを利用 今回もSimple_collectiobleを利用してオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ。 使用ツールおさらい infura brownie pinata truffle(ganache) コントラクトはERC721、ネットワークはPolygon 同じやり方なのでコントラクトはERC721、デプロイネットワークはGASフィーが少ないPolygonを使用しました。 画像はいつもの通りに作成 作成した画像をIPFSにアップロード、それを取り込んだメタデータをIPFSに、それを元にNFTmint Brownieのネットワークを確認してPolygonの表記を Brownieのネットワークの確認の仕方 下記が表示されます。 OpenSeaマーケットプレイスで確認 OpenSeaマーケットプレイスで確認できました。 コレクションは作成時点で自動的に名前で作成されてました、1歳児の息子が書いたサインをテーマにコレクションを作成してます。編集はNFTの発行元のアドレスを持っているメタマスクで接続してネットワークをPolygonにしたらできます。大きくなるまでにいくらか稼げるでしょうか?!

ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ-simplecollectibleを利用

ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ-simplecollectibleを利用 ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ 以前、Patrick CollinsのNFT-mixを参考にNFTをtestOpenSeaへデプロイデプロイしてみる。でNFTをデプロイしてみたが今度は自分の画像をERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイしてみる。 simplecollectibleを利用 上記のトライの時にはAdvanceを利用したがただ単に用意した3種類の画像からランダムにデプロイされるのみ?のようでまだ利用方法はわかるレベルに行っていないのでSimple_collectiobleを利用してオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイる。 オリジナル画像を用意 10000のジェネレーティブアートは置いといて テストなので10000のジェネレーティブアートは置いといて風景の画像でテストしています。 NFTにしたいデータをPinataへ 今回は画像にしてアップロードしました。 画像1 アップロードした画像データを入れてメタデータを作成 下記が簡単なjsonファイルで上記の画像データを含んでいます。 これでNFTにすれて実際には画像は取られることはないですね?! ERC721コントラクトをデプロイ SimpleCollectibles.solを利用してERC721コントラクトのデプロイです。 この場合、名前とシンボルを自分のにする必要があります。私は忘れたのでそのままになりました。 ERC721のコントラクトがデプロイされてます。 ※流れは前回の記事と関連youtubeでご確認ください。 EtherScanで確認 simplecollectibleでNFTをmint 名前とシンボルはそのまま。 TestOpenSeaにでは見れました。 OpenSeaがEthereumネットワークを除いているのでOpenSeaに登録されているのであればブロックチェーンに乗った時点で処理が追い付けば見れるはず。 … Read more

ERC1155によるNFTの作成はGASフィーが安い?実際は0.269182ETHの645.02USD

ERC1155によるNFTの作成はGASフィーが安い?実際は0.269182ETHの645.02USD ERC1155によるNFT作成はGASフィーが安くて簡単? いろいろテストするうちにテストではうまくOpenSeaでNFTを見ることができるが本番では拝めないのでERC1155でやってみることにする。 Solidityを利用 コードは参考Youtubeから、画像とメタデータはPinataへ。 https://youtu.be/B8yxZvb9Eyo ERC1155によるNFTの作成はGASフィーが安い?実際は0.269182ETHの645.02USD ERC1155によるNFTのMINTはGASフィー0.269182ETHの645.02USDだった、何かの間違いかどうなのか確認中。 参考サイト Artur Chmaro How to mint NFT and publish it on OpenSea using ERC1155 smart contract NFTマーケットOpenSeaのメタデータ標準

LINODEを使用したオリジナルSOLANAトークンの作り方

LINODEを使用したオリジナルSOLANAトークンの作り方 LINODEを使用した準備 Linodeはひそかに?大々的に?使用されているサーバサービスです。他のクラウドより安い!色々使える。素人にはとっつきにくいがいろいろ継続するならこれが素晴らしいと思う。 Linodeの100USD付きアカウント作成はこちらから!(リファラルコード付(アフィリエイト))日本語も LINODEアカウントにログインした後 Linodesタブから作成 左メニューのLinodesからLinode一覧に行き、右上の「Create Linode」をクリック 各種自分に合った内容を選択して作成 オリジナルSOLANAトークンの作り方 作成したLinodeへssh等でターミナル接続 ssh情報は上記の動画でかくしてあるところに表示されています、その他ターミナル接続ソフトでも可能です。 Solanaのインストール 下記コマンドでインストール Keyの作成 RustUPのインストール 選択を聞かれた場合はデフォルトの1を選択 ライブラリのインストール Sokana token Cliのインストール オリジナルSOLANAトークンの作成 アドレスが出力される {tokenaddress}にはcreate-tokenで出力されたアドレスを入れる。出力結果はアカウントアドレス。 123456789にmintしたい(作成したい)トークンの値を入れる。 … Read more

Gravatarの画像リクエストのやり方

Gravatarの画像リクエストのやり方 Gravatarの画像リクエストのやり方 Gravatarの画像をリクエストのやり方です。 https://www.gravatar.com/avatar/HASH HASHは自分のEmailのハッシュとなります。Hashの作り方はこちらになります。 ハッシュをつけた例はこちら。 https://www.gravatar.com/avatar/205e460b479e2e5b48aec07710c08d50 HTMLではご存じの通りにこちらのようになります。 <img src=”https://www.gravatar.com/avatar/205e460b479e2e5b48aec07710c08d50″ /> ※ファイルエクステンションが必要な場合は.jpgを追加。 https://www.gravatar.com/avatar/205e460b479e2e5b48aec07710c08d50.jpg サイズの変更 リンクに ?s=250 等をつけて指定します、こちらは250x250pixelです(1~2048pxが可能となってます)。 https://www.gravatar.com/avatar/9df107c7a6c0fabdb87bc43fd4093564?s=250 その他パラメータ Rating Gravatarを使用すると、ユーザーは画像を自己評価して、画像が特定のオーディエンスに適しているかどうかを示すことができます。デフォルトでは、より高い評価を表示することを指定しない限り、「G」評価の画像のみが表示されます。 r =またはrating =パラメータを使用して、次の評価のいずれかを指定して、その評価までの画像をリクエストできる、との事。 g:あらゆるオーディエンスタイプのすべてのWebサイトでの表示に適しています。 … Read more

Gravatarのハッシュを簡単に作る方法

Gravatarのハッシュを簡単に作る方法 Gravatarのハッシュを簡単に作る方法 Gravatarの画像リクエストする場合には登録したEmailのハッシュが必要となるようです。 Emailが”MyEmailAddress@example.com ” 場合、下記のコードで表示されます(参照元にもスペースは入ってますが無し。)。 ですので、そのハッシュの獲得の仕方は自分でhash.phpなどファイルを作成して下記コードを書き込みサーバにアップロードします。 でそのハッシュの獲得の仕方は自分でhash.phpなどファイルを作成して下記コードを書き込みサーバのルートディレクトリにアップロードします。 このようになります。 呼び出し画像はこのようになります。 https://www.gravatar.com/avatar/9df107c7a6c0fabdb87bc43fd4093564?s=250 参照元 Gravatar Creating the hash

Item added to cart.
0 items - $0.00