ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ-simplecollectibleを利用

ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ-simplecollectibleを利用

ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ-simplecollectibleを利用

ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ

以前、Patrick CollinsのNFT-mixを参考にNFTをtestOpenSeaへデプロイデプロイしてみる。でNFTをデプロイしてみたが今度は自分の画像をERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイしてみる。

simplecollectibleを利用

上記のトライの時にはAdvanceを利用したがただ単に用意した3種類の画像からランダムにデプロイされるのみ?のようでまだ利用方法はわかるレベルに行っていないのでSimple_collectiobleを利用してオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイる。

オリジナル画像を用意

10000のジェネレーティブアートは置いといて

テストなので10000のジェネレーティブアートは置いといて風景の画像でテストしています。

NFTにしたいデータをPinataへ

今回は画像にしてアップロードしました。

IPFSPinataにアップロードしたNFT用画像

画像1

アップロードした画像データを入れてメタデータを作成

下記が簡単なjsonファイルで上記の画像データを含んでいます。

IPSFPINATAにアップロードメタデータ

これでNFTにすれて実際には画像は取られることはないですね?!

ERC721コントラクトをデプロイ

SimpleCollectibles.solを利用してERC721コントラクトのデプロイです。

この場合、名前とシンボルを自分のにする必要があります。私は忘れたのでそのままになりました。

デプロイコマンド

ERC721のコントラクトがデプロイされてます。

※流れは前回の記事と関連youtubeでご確認ください。

EtherScanで確認

EtherScanでコントラクト確認

simplecollectibleでNFTをmint

名前とシンボルはそのまま。

EtherScanでNFTを確認

TestOpenSeaにでは見れました。

OpenSeaがEthereumネットワークを除いているのでOpenSeaに登録されているのであればブロックチェーンに乗った時点で処理が追い付けば見れるはず。

ERC721でオリジナルNFTをテストOpenSeaにデプロイ-simplecollectibleを利用テストOpensea環境で見れます。

コントラクトはERC721!

コントラクトはERC721になってます。TokenIDは1番目なので0、ブロックチェーンはテストなのでrinkerby

テストネットOpenSeaでコントラクト確認ERC721

テスト環境で売買

売りに出す。

何回かの署名の後、リスティング完了

listing最初の署名initializewallet
Metamaskでの署名
最後の署名
listing完了

別IDから購入

買えるようになっているので

購入可能状態

購入中

購入完了

購入完了

再販

買ったIDから再販売もできました。

最後に

テストできましたのでいよいよ本番へ!やってみようと思います。

Polygonネットワークへデプロイしてみました!こちらを参照ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。