BSCで使えるオリジナルBEP20トークンの作り方 SAFEMOONフォークでノーコードノープログラムでデプロイremix

BSCで使えるオリジナルBEP20トークンの作り方 SAFEMOONフォークでノーコードノープログラムでデプロイremix

BSCで使えるBEP20トークンの作り方 SAFEMOONフォークでノーコードノープログラムでremixからデプロイ

BSCで使えるBEP20トークンの作り方 SAFEMOONフォークでノーコードノープログラムでremixからデプロイ

BSCで使えるBEP20トークンの作り方をSAFEMOONフォークでノーコードノープログラムのやり方をremixを使って説明しています。コピー元、remix、デプロイ後の確認、Liquidityの追加、トークンロゴ追加などについて触れています。

早速ですがこちらはyoutubeですその様子をまとめてあります。失敗が多くてダラダラ、といきなり飛んだりしてますが。。下記記述と合わせてご確認ください。

SAFEMOONとは

コインマーケットキャップからSAFEMOONを検索してSAFEMOONの詳細から

CoinMarketCapサイトのSAFEMOONのページ
CoinMarketCapサイトのSAFEMOONのページ

SAFEMOONのWEBページをまずは見ることができます。

SafemoonのWEBサイト

何回も回収されているようですが悪くはない状態になっていると思います。

SAFEMOONフォークでノーコードノープログラム

Safemoon自体がある程度良いものに出来上がっているのと、参考が多いのでSAFEMOONをフォーク、利用してオリジナルのBEP20トークンを作ります(名前がオリジナル、ソース自体ですとオリジナルとは言えないですがノーコードノープログラムということで)。ソースは下記どちらでも良いと思いますがいくつかあります、例は二つで実際に使用したのはBSCSCANのものです。

BSCSCANからSAFEMOONのcontractコードをコピー

BSCSCANからSAFEMOONのContractをコピーします。SAFEMOONのcontractページのContractタブからコードのコピーを行います。

BSCSCAN内のSAFEMOONのcontractのページはこちらです。

BSCSCANのSAFEMOONのcontract
BSCSCANのSAFEMOONのcontract

youtubeでも見れます。

Github

coinmarketcapのコードからGithubに飛びます。

CoinMarketCapのソースコードからGithubへ

Safomoon.solをクリックするとソースがでてきます。

Github、Safemoon.solをクリック

するとソースページです、あとはGithubのコピーの仕方でremixに取り込むなり、そのままソースを選択してコピーするなりです。

remix

remixとはこちらに書いてあるのでこちらを参照ください。

remixに張り付け。

BSCSCANかGithubからのソースを張り付けます。

remixにコードを張り付け

BEP20トークン名、シンボルを変更

重要なポイントのBEP20トークン名、シンボルを変更します。シンボルは11文字以上だとエラーになるようです。Tacosfourteenにしたらエラーがでました(実際にこれが原因かは確認できてはないです)。

トークン作成後のエラーメッセージ

722行あたり _name , _symbolです。

BEP20トークンの名前、シンボル変更

PancakeSwapV2のルーターアドレス

PancakeSwapはUniswapのフォークということでプログラムの中にはUniswapなんとかかんとか出てますがルータアドレスだけ変更すればよいようです。

758行あたり

IUniswapV2Router02 _uniswapV2Router = IUniswapV2Router02(0x10ED43C718714eb63d5aA57B78B54704E256024E);

”0x10ED43C718714eb63d5aA57B78B54704E256024”です。

pancake swap v2 router

PancakeSwap V2 ルーターアドレス

BEP20トークンデプロイ

remix上でコンパイルしてメタマスクを接続して提供元contractを指定していしデプロイ

remix上でコンパイル

宣言バージョンのコンパイラーバージョンを選びます。

コンパイラーバージョンの選択

バージョンを合わせたらコンパイル

エラーが出なかったらOKです。

エラーがでているところからOKになる場面

デプロイ

デプロイタブに行き、まずはinjectedWEB3を選択します。

injectedWEB3の選択

するとMETAMASKに接続をするのでメタマスクで承認をする。

最初テストしていた4mytokenアカウント

CONTRACTを自分のファンクション名とファイル名にしている(はず。)実際にこれを選択

5回の失敗とフィー

youtubeの動画のように4,5回失敗してすべて上記のはりつけた11文字以下エラーになるので(シンボルを3文字にしても)BNBは減っていないと思ったがしっかり減っているのでもったいないとテスト環境へ。

BNBトランザクションフィー

テスト環境での成功

最初からやらなかったのか、ということですが前回はSAFEMOONではないけどテスト環境でできたのでそのまま行ってしまいました。しっかりとトークン名とトークンシンボルが出ています。

テストネットでのBEP20トークンデプロイ完了

本番で実施

これだけ失敗しているとテストで成功していてもまた失敗するのではないかと恐怖でしたが成功

実際のデプロイ完了後の映像をどうぞ

4,5回の失敗の後何を変えたのか

何を変えてうまく行ったかというとremixサイト(remix.ethereum.org)の接続、httpsでつながっていたのでhttpに変えました。httpじゃないと通知が通らないような仕組みだそうで。

実際のトランザクションフィー

トランザクションハッシュから追って見ると

0.039733 BNB ($24.58)

となってました。

BEP20トークンTACOSTOKEN ”TCS”の完成

TACOSTOKEN”TCS”のメタマスク追加

BEP20トークンTCSをメタマスクへ追加

TACOSTOKEN”TCS”のLiquidityの追加

PancakeSwapのLiquidity追加で行う。こちらのイメージはすでに一度追加した後。

PancakeswapでのLiquidity追加機能

まずは自分リストにImportする

Importの確認

まずは自分リストにImportすることを承認

Liquidityの追加、LiquidityプールのBNBとTCSの数値の確認

LiquidityプールのBNBとTCSの数値の確認
LiquidityプールのBNBとTCSの数値の確認

確認後のLPをメタマスクに追加する画面、これでLPもメタマスクに追加される。

LPの追加

実際に購入

実際のSwap画面
実際のSwap画面

BEP20トークンの詳細追加

BSCSCANにログインしてメタマスクで所有者ということを確認した後に追加していく。実際に追加したが少々かかるようである。

動画はこちら

最後に

結論からすると簡単にできるはずですが何度も失敗して難しいイメージができてしまいましたがもうそうではないと思います。他のトークンもできるのであればいくつかしてみたいです。トークンがあったら不均衡な世の中の場所を埋めるもの(お金)になるかもしれませんね、信頼できるようなコンセプトともに。

それでは世の中のためになるプロジェクトがあればご一緒させてください。

関連記事

BEP20トークン 1st(本番)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。