GithubよりNFT Collection Generatorの実施

GithubよりNFT Collection Generatorの実施 GithubよりNFT Collection Generatorの実施 これは、事前構成された特性と画像レイヤーのリストを使用して、NFTのコレクション用の画像とメタデータファイルの一意のセットを生成する単純なNode.jsプロジェクトです。トレイト構成と画像レイヤーを更新することで、独自のコレクションを作成できます。 準備 ローカルPC(ご自身が実施する際に使用するPC)にnode.jsとnpmのダウンロード、インストールが必要となります。 インストール リポジトリをgithubからコピー(ローカルにclone) リポジトリのディレクトリ内でnpmパッケージをインストール なので上記コマンド以外なにもしなければ[cd nft-collection-generator]でディレクトリを移ってから下記コマンド 使用法 config.jsファイルには設定例があり、traitsフォルダーには事前定義された画像レイヤーもあります。 このプロジェクトを既存の構成でテストおよび実行して、最初にすべてがどのように機能するかを確認してから自分の編集をし始めたほうが良いでしょう。 コンフィギュレーションのテスト 現在のconfig.jsファイルで構成をテストします。 プロジェクトの実施 現在の構成でプロジェクトを実施。 エラーなしで実行できたらフォルダができるとなってますが、エラーが起きるので先に下記フォルダを作成して実施します。 imagesフォルダを作成 metadataフォルダを作成 その他のスクリプト … Read more

ジェネレーティブアートNFTの作り方!PythonとSolidityで一括大量作成  

ジェネレーティブアートNFTの作り方!PythonとSolidityで一括大量作成   ジェネレーティブアートNFTの作り方!PythonとSolidityで一括大量作成   ブロックチェーンSAFEMOONトークンのフォークとNFTは参考サイトから実施したのみです。なので独自のジェネレーティブアートコレクションの作成と展開をしてみようと思います。検索で出てくるチュートリアルはERC721の部分でOpenSeaに上げるところがなくなっています、ただ単に私のように、ほとんどのチュートリアルは技術的に浅い(jpegをアップロードする)か、これらの大規模なコレクションが開発および展開される正確なプロセスを明確にできないことがあります。とりあえず参考の一部としての記事です。 始める前の準備 メタマスク おなじみかおなじみでないかはわかりませんがよく付き合うメタマスクの説明ページと動画です。準備してください。 言葉の定義 オンチェーン(チェーン上) ブロックチェーンで必要な認識ですね、ブロックチェーンなのでチェーン上に入らないとブロックチェーンとしてなしていない、NFTはその前にオフチェーンで準備されたものをコントラクトをデプロイしてオンチェーンにしているのですね。ここまでは私もわかります、笑。さて後ほど答えがでるのでしょうか。 ジェレーティブアート  まずはここが重要ですね、開発者はどのようにして何千ものユニークな芸術作品をプログラムで生成するのでしょうか。まず第一に、ほとんどのNFTはチェーン上でまったく生成されないことを理解することが重要です。 Solidityは、スマートコントラクトの「ルールを設定」する手段を提供しますが、キャラクターアートを生成し、コントラクトを操作するには、Pythonなどのスクリプトツールが必要です。 アート自体に関しては、PNGとして互換性のある特性のレイヤーを作成する必要があります。ただし、設計に注意を払う限り、これらのレイヤーを生成して、チェーン上に展開できる最終的なランダムな文字にマージできます。 まず最初に、自分のデザインの基礎が必要でした。私は決してアーティストではないので、オリジナルのCryptoPunksに似た、非常にシンプルなピクセル化されたキャラクターアートを作成することを選択しました。 PNGファイルを生成するために、ここにある無料のツールであるPixlrを使用しました。目的の効果を実現するために、画像サイズを25×25に設定しました。 ほとんどのNFTコレクションは、通常は色を含む基本的なボディまたは形状を共有していることに気付いたと思います。その後、付属物からアクセサリー(武器、衣類、宝石、武器)に至るまでさまざまな特徴が続きます。私の場合、体、目、口、髪など、いくつかの必要なレイヤーから始めました。私はこれらにオプションの特性を付けました:顔の毛、宝石、帽子、眼鏡、マスクの順。各レイヤーはフォルダーで表され、各フォルダーにはさまざまな特性がPNGファイルとして含まれています。 NFT メタデータ メタデータについては前に説明しましたが、これは意外なことかもしれませんが、NFT画像データは、非常にコストがかかるため、通常はチェーンに保存されません。これを解決するために、何らかの形式のストレージを指す各「トークン」/ NFTのURIまたはリンクを提供します。このストレージは、メタデータを.jsonファイルとしてホストします。さらに、このメタデータには、画像への2番目のURIまたは「リンク」が含まれています。基本的に、JSONファイルは、画像の場所など、NFTについて知っておく必要のあるすべての情報を各マーケットプレイスに通知します。このアプローチはERC721標準に準拠しており、開発者と市場は、所有権の譲渡など、必要な機能について適切に合意することができます。 これらの標準に従って、OpenSeaはメタデータの期待と機能に関する追加の指示を提供します。 Solidity側で必要なものを確実に提供するために、OpenZeppelin ERC 721のようなライブラリをインポートできます。これにより、必要に応じて関数をオーバーロードする機能が追加され、必要なすべての機能を継承できます。これらの関数は、自分で実装したかのようにEtherscanに表示されます。 Solidityファイルには次のものが含まれている必要があります。 OpenSeaは、「ブースト」や統計などの追加のUI機能を提供することで拡張します。グローバルのメタデータを見つけることができます、こちらがOpenSeaのドキュメントになります。 … Read more

Item added to cart.
0 items - $0.00