Patrick CollinsのNFT-mixを参考にNFTをtestOpenSeaへデプロイデプロイしてみる。

Patrick CollinsのNFT-mixを参考にNFTをtestOpenSeaへデプロイデプロイしてみる。

Patrick CollinsのNFT-mixを参考にNFTをtestOpenSeaへデプロイしてみる。

基本準備

ここはやっていればたぶんインストールされているだろうということでしょう。:

インストレーション

Brownie

Brownieがインストールされていなければ下記コマンドでインストールしましょう。

pip install eth-brownie

※エラーが出る場合の参照

Problems installing cytoolz on Python@3.10

Pip – Fatal error in launcher: Unable to create process using ‘”‘

Add to the PATH on Windows 10

Installing Brownie

リポジトリのクローン(複製)

brownie bake nft-mix
cd nft

インストールガナッシュ

npm install -g ganache-cli

infuraプロジェクトIDとプライベートキーの設定

infuraのプロジェクトIDとプライベートキー(メタマスクなどのwallet)の設定をコマンドかenvファイルに入れます。

コマンドでinfuraプロジェクトIDとプライベートキー設定
コマンドでinfuraプロジェクトIDとプライベートキー設定
envファイルにinfuraプロジェクトIDとプライベートキー設定
envファイルでinfuraプロジェクトIDとプライベートキー設定

ERC721contractの作成からデプロイ

deploy_advanced.py

これでトークンID0のものができている様子。

brownie run scripts/advanced_collectible/deploy_advanced.py --network rinkeby
VSCode上で deploy_advanced.pyをRun
 deploy_advanced.py の後のEtherScan表示内容
deploy_advanced.py の後のEtherScan表示内容

create_collectible.py

トークンID0に3つのかわいい犬からどれかを選んで入れているようです。

brownie run scripts/advanced_collectible/create_collectible.py --network rinkeby

create_metadata.py

これによってメタデータを作っているようす。

brownie run scripts/advanced_collectible/create_metadata.py --network rinkeby
メタデータの作成
メタデータの作成
メタデータ作成後のEtherScanです。
メタデータ作成後のEtherScanです。

set_tokenuri .py

トークンURIを設定してアップロードして完成です。

brownie run scripts/advanced_collectible/set_tokenuri.py --network rinkeby
VCStudioでのNFTデプロイの瞬間
ハッシュとともにURIが出来上がっております。
デプロイされてテストOpenSeaに上がってます!
デプロイされてテストOpenSeaに上がってます!

実際のテストOpenSeaはこちら

TestOpenSeaTokenID0ERC721です。
TokenID0のERC721になってます。

デプロイ後のEtherScan、Dogというのが追加されてますね。
デプロイ後のEtherScan、Dogというのが追加されてますね。

結論:Patrick CollinsのNFT-mixを参考にNFTをtestOpenSeaへ

これはオフチェーンで既にできているなんらかのアートの組み合わせから一つを選びメタデータを作成したあとのコントラクト作成と直接OpenSeaへアップロードデプロイとなっているよう。ERC721を用いた基本の一つのと考えるべき、概念を考えるうえでの一つのやり方、地図を広げてコマをならべて空いたところを埋めていって初めてNFTが理解しきれるような認識、やらなければわからないのではないか。

参考

NFT-MIXGithub

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。