ethereumアプリ開発フレームワークtruffleを使用してテストネットRinkebyにNFTをデプロイ!

ethereumアプリ開発フレームワークtruffleを使用してテストネットRinkebyにNFTをデプロイ! ethereumアプリ開発フレームワークtruffleを使用してテストネットRinkebyにNFTをデプロイ! 新しいプロジェクトとして始めます。 OpenZepplineのコントラクトをインストールします。 ここでデベロップメントツールとしてTruffleをインストール、しかしRemixやOpenZepplinCLIも使用できます(できるよう)。 コントラクトアーティファクトを開始 プロジェクトをinitしてコントラクトとコンフィギュレーションをネットワークにつなげられるようにします。 ERC721PresetMinterPauserAutoIdを使用してプリセットしていきます。これは、Mint(自動トークンIDとメタデータURIを使用)、一時停止、および書き込みができるようにプリセットされたERC721です。build/contractsへとコピーします。 migrationsフォルダの中に 2_deploy.js というファイルを作成し下記を入力 https://my-json-server.typicode.com/abcoathup/samplenft/tokens/の中身 コントラクトをデプロイ 下記コマンドでTruffleコンソールをブロックチェーンデベロップメントとともに開きます。 上記コマンドの出力、最終行がTruffleコンソール 新しいNFTをmigrateを使ってデプロイできます。 ※まずはTruffleでテストネット接続の確認を行わなければいけない デプロイしたコントラクトを使用 トークンとのやり取り トークンのメタデータを呼び出しできます。 トークンメタデータ Mint ミンターの役割を持つアカウントから、特定のアカウントにミントトークンへのトランザクションを送信できます。 私たちの場合、ミンターの役割が与えられているトークンをデプロイしたアカウントからミントしています。 トークンID0の1つのNFTを作成します。 … Read more

Item added to cart.
0 items - $0.00